時間術

【神】神・時間術で人生を変える。

神・時間術

先日、樺沢紫苑さんが書いた「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」という本を読みました。

その時間の考え方、使い方を知ることで、

これまで当然のように思っていた時間の使い方が全く非効率であることを知らされました。

断言します。

この本は、人生を大きく変える力を持っています。

それくらい僕には衝撃的な内容でした。

今回はこちらの本の感想を話していきたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す [ 樺沢紫苑 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)

楽天で購入

 

この本をなぜ手に取ったのか。

僕は時間管理が下手くそな人間です。

提出物はいつも期限ギリギリになって終わらせてしまう。

朝予定通りに起きることができず、予定がぐちゃぐちゃになってしまう。

やるべきことを後回しにして、今やりたいことを優先的にやってしまう。

などなど、ダメエピソードはそこそこあります。

そんな僕が書店で見つけたのがこの「神・時間術」

あなたの24時間を科学的に2倍にする!

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術 :樺沢紫苑 著

表紙に書かれたこの文字を、始めは疑いました。

「24時間は24時間だろう。そんな夢みたいなことがあるか?」

そう思った僕は手にとって「はじめに」の欄を読んでみました。

すると、著者の樺沢さんの神がかった時間の使い方が書かれていました。

「自分もこんな1日を過ごせるようになりたい。」

そう思い、この本を購入することを決めました。


以下では、こちらの本を読んで驚きを受けたことを3つ紹介します。

【1】時間を2次元で考える。

しかし、まったく発想を変えることで、1日24時間の壁を突破することが可能となります。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術 :樺沢紫苑 著

神・時間術では、時間を2次元的に考えるといいます。それが、

集中力 × 時間

24時間という時間を増やすことはできませんが、集中力を高い水準に保ったり、集中力が高い状態で負荷の大きい仕事をすることで、仕事の効率をあげることはできます。

その結果、使える時間を増やすことができるという考え方です。

これには正直度肝を抜かれました。

なぜなら、時間を2次元で考えるという発想がなかったからです。

今まで僕は時間を1次元で考え、24時間常に等価値であると思い込んでいました。

でも、それは時間を無駄にしている考え方だったのです。

集中という要素をスケジュールの中に組み込むという発想は全く新しいものでした。

たしかに、これなら使える時間を増やせるかも知れない。

【2】集中の波に合わせてやることを決めていく。

どの時間帯にどんな仕事をするのか。集中力を加味した仕事の計画を立てるだけで、仕事の効率は、2倍、いやそれ以上変わってきます。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術 :樺沢紫苑 著

では、集中力を常に高くすればいいということになりますが、実際そんなことは不可能ですよね。

1日中集中し続けるなんて、どこかの仙人でもない限り無理です。

ならばどうするか。

1日の中で、集中力の波に乗る。

やることに合わせて集中するのではなく、集中に合わせてやることを決める。

という考え方です。

これまた僕の考え方とは180度異なりました。

確かに、集中を自分でコントロールすることは難しい。というか無理です。

集中状態に合わせて、やることを振り分けるというのは非常に効率的ですし、なんだか当たり前のように思えます。

(そんな当たり前のことができていないのが衝撃的)

ただ、現実の日本の社会において、そのようなことは可能なのかと疑問にも思いました。

与えられた仕事は自分ではコントロールできないこともあるのではないか。

ですが、そんな心配は不要でした。

この時間術を一般的な社会人が適用した場合について例を挙げて書かれているため、実践が可能になっています。


すぐに実践が可能なところも魅力。

【3】日本人が当然と考えている時間の使い方は全く非効率だった。

先進国でダントツ最下位の労働生産性なのです。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術 :樺沢紫苑 著

日本の労働生産性はめちゃくちゃ低いです。

にもかかわらず「日本人=仕事ができる」というイメージが付いていたのは、労働時間を増やすことによる埋め合わせのおかげでした。

この本では、日本とアメリカの働き方を比較する内容が出てきます。

読んだ後、僕たち日本人が当たり前に思っていた働き方、時間の使い方が全く頭の悪いことだと気づかされました。

同じ24時間でも、アメリカ人の方が人生を楽しんでいます。

なんだか自分たちだけ損をしている気がしてなりません。


この本は個人レベルで生かすだけに留めるべきではなく、日本で働く全ての人に読まれるべき本だと感じます。

実践して、神になってやる。

他にもこの本には、1日の集中の波に乗る方法や、朝昼晩それぞれの時間の使い方などが書かれています。

ビジネス書のいいところは、読んだ瞬間から始められるところにあると思っています。

僕も「神・時間術」をさっそく実践してみて、どれほど人生を変えることができるのか試してみようと思います。

(冒頭のツイート、そしてこの記事の構成、これらも実は時間術のテクニックの1つです。)

この本は、人生を変える1冊になる可能性を大きく持っていると信じています。

人生を今よりよいものにしたい

少しでもそう思った方は、是非読んでみることをお勧めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す [ 樺沢紫苑 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)

楽天で購入

 


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
時間術の様子は、後日レポートしますので、お楽しみに!

次回予告

ブログ執筆テーマのど頭に「大学生活」を掲げているにもかかわらず、それに関する記事が1つもないという大問題。

これではただの勉強意識高い系気取りのやつになってしまう…。

ということで次回はいよいよ大学生活をテーマに、

「僕が今学んでいること」

を話します。

 

公式LINE限定!『すぐにやる気を出す5つの法則』今なら無料で配信中!

やる気がなかなか出ずダラダラしてしまう人でも、すぐに行動できるようになる方法を5つにまとめました。

これを読めば行動量を増やす基礎がわかります。しかも今すぐ実践できますよ。

1万2000字の大ボリュームが今なら無料。

『すぐに動けるようになりたい!』
そんなあなたにぜひ一度見てほしいです!