勉強法

テストで時間が足りなくなる原因と、時間内に解くコツを紹介

テストで時間が足りなくなる原因と、時間内に解くコツを紹介

テスト、時間内に解けてますか?

どうも、はるかさです。

 

テストが時間内に解き終わらなかったり、見直しをする時間がなくて想定外の失点をたくさんしてしまったりして、悔しい思いをしたことはありませんか?

僕も、高校時代の模試に、苦手だった古典でよく時間切れになっていました…。

 

そんなとき、あなたはどのような対策を打ちますか?

  • 計算をもっと速くできるようになればいい!
  • 文字をもっと速く書けるようになればいい!

と思ったあなた、それ間違っているかもしれません。

実は、時間が足りなくなる原因はもっと別にあるのです!

 

今回は、京大生の僕が思う、テストで時間が足りなくなる原因と時間内に解くためのコツを紹介します。

こんな人に読んでほしい!
  • テストで時間が足りなくなることがよくある
  • 時間内に解くための方法を知りたい
  • 見直しの時間を確保できるようになりたい

 

【原因1】手を止めている時間が多い

テストで時間がかかってしまう一番の原因は、手が止まっている時間が長いことです。

つまり、問題の解き方がなかなか思いつかずに悩んでいる時間が長いほど、時間が足りなくなってきます。

 

では対策は自ずと分かりますよね。

手が止まっている時間、つまりは悩んでいる時間を減らせば良いのです。

 

そのためには、問題を見たときに解法がパッと思いつくようにならなければなりません。

それができればすぐに解き始められるので、解答にかかる時間が短くなるわけです。

 

ではどうすればすぐに手が動くようになるのでしょう。

それは、問題をパッとみて解法がすぐ思いつくぐらい勉強することです。

 

問題を見ても解法がすぐに思いつかない人は、勉強不足の可能性が高いです。

そんな人はまず、インプットを中心とした勉強をしましょう。

知らない考え方、公式、単語などを復習するのです。

 

一方、普段は解けるのにテストではなぜかすぐに解けないという人は、知識をアウトプットする練習が足りていません。

いくら知識が頭にあっても、それをすぐに引き出せないようでは意味がありませんからね。

そんな人は演習量が足りていない可能性が高いです。

実際に問題を解くことがアウトプットする練習になるので、量をしっかりこなしましょう。

問題を見たときに、解法がぱっと頭に浮かぶようになればOKです。

 

【原因2】時間配分ができていない

テストで時間が足りなくなる原因の2つ目は、時間配分が上手くできていないことです。

 

例えば、解けない問題に出会ったとき、何分間その問題を考えるかちゃんと決めてますか?

これを決めていない人は、いつまでもその問題に時間を費やします。

すると、簡単な問題が後に出てきても、解く時間が残っていないために解けない、なんてことになるのです。

 

時間配分を決めておけば、それぞれの問題にかけられる時間がわかります。

もう少し考えてみるのか、一旦次の問題に進むのか、その判断基準となってくれるのです。

そのおかげで、解けるはずの問題を解き損なうことを避けられます。

 

では、僕がやっている時間配分の決め方を紹介しておきます。

テストが始まったら、まず名前を書き、一度問題全てにサッと目を通します。大問がいくつあるのか、それぞれどういった分野の問題かなどを把握するのです。

そして、自分の得意不得意に合わせて、解いていく順番と時間配分を決めていきます。

 

例えば、国語を例に挙げてみましょう。

大問1評論、2小説、3古典、4漢文
こんな問題を80分で解くとしましょう。

僕は現代文よりも古典の方が得意なので、3→4→1→2の順に解くことにします。

時間配分は、基本的には各大問20分。ただし、現代文に時間がかかることや見直しの時間を確保することを考えて、古典と漢文は15分程度で解くようにします。

こんな感じです。

 

あとは解きながら、ちょこちょこ時間をチェックして、大問ごとに時間がかかりすぎていないか把握しながら解いていきます。

 

書くスピードを上げるのはあまり効果的ではないと思う。

この記事の最初にも書きましたが、問題を解くスピードを上げるために、速く文字を書こうとする方がいます。

正直、これは効果が低いと思います。かつデメリットが多い。

 

そもそも、書くのにかかる時間は、問題を悩む時間に比べて、あまり差がつきにくいです。

それに、スピードを無理に上げようとするとミスが多発する可能性が高まります。特に数学などの計算科目は危険です。

加えて、字が汚くなります。別にいいやんと思うかもしれませんが、良くないのです。読み間違いによるミスに繋がるだけでなく、採点官の気分を害するので厳しく採点される可能性が高まります。(採点官も人間ですからね。)

 

日頃から丁寧にかつスピードを上げて書けるように練習をしていくことは問題ないと思いますが、急にやりはじめるのはおすすめしません。

 

ただし、工夫して書くスピードを上げるのは吉です。

特に数学や化学の計算など工夫して楽になるものは積極的に使っていきましょう。
例えば分数の約分を工夫するとか、積分の1/6公式を知っておくとかはOKです。

 

結局、テスト対策をちゃんとすることが近道。

以上、テストで時間が足りなくなる原因と、時間内に解くためのコツを紹介しました。

夢のような裏技なんてものはありません。

アウトプットできるように勉強をしたり、時間配分をきちんと考えるようにしたりといった、地道な方法になります。

小手先のテクニックに甘えることなく、やるべきことをきちんとやることが一番の近道です。

ぜひ参考にしてみてください!

 

ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。
RECOMMEND