勉強法

テストで100%の実力を出せる、直前の行動4つを紹介

テストで100%の実力を出せる、直前の行動4つを紹介
テスト直前、緊張したくないですよね。

 

どうも、はるかさです。

今回は、テスト直前におすすめの行動を4つ紹介します。

これを実践すれば、テストで100%の実力を出し切ることができると思います!

 

学生の方はテストや入試など、試験を受ける機会が多いですよね。

その直前に緊張してしまって、
普段解ける問題が解けなかったとか、焦ってパニックになってしまった
といった経験はありませんか?

僕も高校生の頃に模試を受けたとき、緊張で全く解けなかったことがあります…。

でも、これから紹介する方法を実践すれば、
テストに集中できるようになり、自分の実力を出し切れるようになります!

 

紹介する具体的な方法は4つです。

深呼吸、目の運動、シミュレーション、自信をもつ

詳しく見ていきましょう!

 

こんな人に読んでほしい!
  • テスト直前に緊張してしまう人
  • テスト本番で焦るのが怖い人
  • 本番で実力を出せず悔しい思いをしてる人

【その1】深呼吸する

1つめは深呼吸をすることです。

深呼吸は、気持ちを落ち着かせてくれます。

それに加えて、酸素を脳にたくさん取り入れることができるのです。

これが集中につながります!

 

酸素を脳に送って、頭を働かせる

脳は酸素を使って動いています。

にもかかわらず、緊張や集中をしていると呼吸が浅くなり、
十分な酸素が脳に供給されません。

 

そこで深呼吸の出番です。

深呼吸することで、通常よりもたくさんの酸素が脳に送られます。

そのため、頭が働きやすくなります。

 

直前の緊張を落ち着かせる

テスト直前、時間がなくて焦ってしまいますよね。

そんな自分を、深呼吸で一度落ち着かせましょう。

そして、自分のやるべきことはなにか、冷静に考えましょう。

これにより、焦ることなく目の前のテストに集中することができます。

 

深呼吸のやり方

※あくまで僕流ですが

 

目を閉じて、鼻から大きく息を吸い込みます。

その後、「ふー」とゆっくり口から息を吐きます。

ゆったりとしたペースでやりましょう。

ポイントは、「大丈夫、大丈夫。落ち着いてー。」と自分に心で言い聞かせながらやることです。

 

【その2】目の運動をする

2つめは目の運動です。

目を動かすことによって、脳を集中モードに切り替えることができます。

なんでも、高い集中力が必要とされるスポーツ選手の中には、
目を動かすトレーニングを取り入れている方がいらっしゃるそうです。

それほど、脳と目の運動には関係があるってことですね。

 

目の運動のやり方

顔は動かさずに、上、下、右、左と目だけを動かしていきます。
それを2回ほど繰り返します。

その後、下からぐるっと1周動かします。反対回りも忘れずに。

これもゆったりとやるのがおすすめです。

 

ただ、テスト直前に目をぐるぐるさせていると、不正行為を疑われてしまう可能性があります。

なので目を閉じたまま行うのがおすすめです。

【その3】時間配分を考える

3つめはテストの時間配分を考えることです。

これによって、テスト中のパニックを防ぐことができます。

 

テストで1番大切なのは、時間配分をしっかりすること。

時間配分を決めておかないと、常に急ぎながらテストを解くことになります。

すると焦ってしまって、実力が出し切れません。

なので、テストが始まる前に解く流れを想定しておきましょう。

 

どんな問題がでるか。

あの問題が出たら、自分は答えられそうだから、それは優先的に解こう。

あの分野は不安だから、出たら後回しにして、時間を残しておこう。

 

こんなふうに、テストを解く流れをイメージしておくのです。

想定をやっているかいないかで、解いているときの心の余裕が全然違ってきます。

 

【その4】自分が最強だと自信をもつ

最後はしっかり自信をもつことです。

そうでないと、解けるはずの問題も解けなくなってしまいます。

 

緊張や不安を感じていると、
周りがみな頭の良い人ばかりに見えてきます。

そうして弱気になっていると、本来出せるはずの力が出せなくなってしまい、
どんどん解けなくなります。

 

強気でいきましょう。

自分以外は全員じゃがいもだと思うのがおすすめですw

 

みんなジャガイモ戦法で受験を戦った

僕がセンター試験を受けたときのことです。

会場はとても広い講義室で、たくさんの受験生と試験を受けました。

 

受験開始までの待ち時間、僕はずっと

「僕が一番勉強してきた。周りの奴らよりも自分の方が絶対勉強してきた。大丈夫、僕には普通の問題がみんなは解けない。いつも通りやれば絶対勝てる。」

みたいなことを心の中で爆発させていました。

(勝負前なので、ちょっと言葉が汚いところもあります…)

そのおかげで緊張がだいぶほぐれ、
周りをほとんど気にすることなく、試験を受けることができました。

 

周りをめっちゃ気にしてしまう人には合わないかも…。

自分が最強だと思うことは、逆に言えば周りを意識することになります。

なので、周りと比べられるのが苦手な人には逆効果かもしれません。

 

それでも、自分の実力を出し切るために、自信をもつことはとても大切です。
その気持ちは大切にしてほしいです。

 

直前にできることは色々ある!

以上、僕が実践している、テスト直前の行動4つを紹介しました。

これらはあくまで自分のルーティーンなので、
読んで頂いたみなさんに合うかはわかりません。

ぜひまずは一度試してみてください。
その結果、相性が良さそうなものがあれば、継続して使ってみてほしいと思います!

 

ではまた。
ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。
RECOMMEND