勉強法

テストの解き方 ~時間配分と解く順番が命!~

テストの解き方 ~時間配分と解く順番が命!~

テスト、思うように解けていますか?

 

テストの時間がいつも足りなくなる…。
凡ミスが多くて嫌になる…。

と悩んでいるあなた、
それ、もしかしたらテストの解き方に問題があるのかもしれません!

 

結論からいうと、テストを解く上で重要なのは、時間配分と解く順番です。

僕なりのテストの解き方を紹介しながら、詳しく説明していきます!

 

こんな人に読んでほしい!
  • テストの時間が間に合わない
  • いつも凡ミスがある
  • テストでいい点を取りたい

まずは名前を書く

絶対にまず始めに、名前などの記入事項を書きましょう。

特に、模試などでは色々と指定があるので、確実に記入すること。

何があっても一番始めに書く!

 

問題全体をざっと見る

では問題に移りましょう。

まずは問題全体にざっと目を通します。

 

目的は、問題の構成を把握し自分の作戦を立てることです。

問題文1つ1つを丁寧に読む必要はありません。ざっくり全体像を把握しましょう。

大問はいくつか?どの分野からの出題か?

 

解いていく順番を決める

問題の構成が把握できたら、次は解く順番を決めます。

ザッと見て解けそうだと思った問題、得意な分野の問題、すぐに終わりそうな問題から解くのがいいと思います。

 

テストは前から解く必要はありません。解ける問題から解いていきましょう。

最初の方に難しめの問題でビビらせといて、後半に簡単な問題をもってくるパターンはよくあります。

 

時間配分を考える

次に時間配分を考えましょう。

入試などあらかじめ問題傾向が分かっている場合は、配分を細かく決めておくとよいですね。

 

例えば、80分のテストで大問が4つなら、1つの大問あたり20分。

最後に見直しの時間を設けることを考えれば、それぞれ18分ずつくらいで解ければOKですね。

 

時間配分を決めるのは、解けない問題に悩む時間を決めるためです。

解けない問題に出会ったとき、いつまでその問題に時間をかけるかって難しいところです。

そんなときに時間配分は役立ちます。

 

例えば、20分かける予定だった大問に悩んで15分経過している場合を考えてみましょう。

やるべきは、あと5分で問題が解けそうか判断することです。

解けそうなら続けて考えてみる。無理そうなら一旦別の問題にいく。

というふうに、テストの解き方を決める大きなポイントになります。

時間配分はかなり大切です。

 

時間は大問ごと&迷っているときにチェック

あとは決めた順番、時間配分に沿いながら問題を解いていきましょう。

ただし、時間を常に確認しておくことを忘れずに。

 

僕は大問ごとや問題に悩んでいるときに時間を確認しています。

予定時刻より早めに解けているのか、それとも時間が足りなくなっているのか、それによってその後の解き方が変わってくるからです。

腕時計は必須です。

 

見直しの時間を設けておくこと

最後に忘れてはならないのは、見直しの時間を設けておくことです。

 

テスト終了間際、少しでも多くの点を取ろうと、まだ解けていない問題に時間を使っていませんか?

もちろんそれも1つの作戦としてアリなのですが、僕は違って、見直しに時間を使います。

なぜなら、解けた問題を確実に点数にしたいからです。

 

例えば、計算ミスやマークミスをしてしまった場合、とれたはずの点数を失うことになります。

個人的にこれってすごくもったいないって思うんです。かなり後悔します。

なので見直しの時間はちゃんと設けるべきだと思います。

ラスト5分はまず見直しをしよう。

 

時間配分を上手にして、確実に点数を取ろう!

以上、僕がふだんからやっているテストの解き方を紹介しました。

 

何度もいいますが、テストは時間配分と解く順番が命です。

とれる点数から確実にとっていけるように、上手く作戦をたててテストに挑みましょう!

あなたが今より良い点数をとれることを願っています。

 

テストで時間が足りなくなる原因と、時間内に解くコツを紹介
テストで時間が足りなくなる原因と、時間内に解くコツを紹介テストで時間が足りなくなる原因と時間内に解くコツを、京大生が紹介している記事です。テストで時間が足りない、時間内に解くための方法を知りたい、 見直しの時間を確保できるようになりたいという方に読んでほしいです。主な原因は、手を止めている時間が多いことと、時間配分を決めていないことです。詳しく説明します。...
公式LINE限定!『すぐにやる気を出す5つの法則』今なら無料で配信中!

やる気がなかなか出ずダラダラしてしまう人でも、すぐに行動できるようになる方法を5つにまとめました。

これを読めば行動量を増やす基礎がわかります。しかも今すぐ実践できますよ。

1万2000字の大ボリュームが今なら無料。

『すぐに動けるようになりたい!』
そんなあなたにぜひ一度見てほしいです!