勉強法

【勉強に戻れない人必見!】すぐ勉強に戻れる休憩のやり方

すぐ勉強に戻れる休憩のやり方

休憩からすぐ勉強に戻れてますか?

どうも、はるかさです。

 

皆さん、勉強の休憩時間はどのように過ごしていますか?

  • スマホを見始めて、そのまま30分つぶしてしまった。
  • 一度漫画を読み出すと止まらなくなって1時間経ってしまった。

このような経験はありませんか?

 

僕も、休憩時間にスマホを触って、気づけばYouTubeを1時間見てしまったなんてことがあります。

貴重な勉強時間をつぶしてしまったという後悔はもうしたくないですよね…?

 

というわけで今回は、すぐに勉強に戻れる休憩のやり方を紹介します。

こんな人に読んでほしい!
  • 休憩にスマホや漫画を見てしまって、なかなか勉強に戻れない人
  • 勉強時間がつぶれたことを後悔してしまう人
  • 勉強をし続けられる休憩のやり方を知りたい人

スマホは見ない

スマホは誘惑の塊です。

休憩だからといって、スマホを見るのは避けましょう。

理由は2つ。

  • アプリが面白すぎて勉強に戻れなくなるから
  • 脳が疲れて休憩にならないから

 

【理由1】アプリが面白くて、無限に時間を使ってしまうから

スマホには、YouTube、ゲーム、Twitter、Instagramなど、面白いアプリがたくさん詰まっています。

ご存じの通り、これらはめちゃくちゃ面白いです。

一度アプリを開いてしまえば、簡単には勉強に戻れません。

そうなるくらいなら、休憩中に見ない方がいいです。

 

【理由2】スマホは脳を疲れさせる

スマホを見るべきでない理由がもう1つあります。

それは、頭が疲れてしまうことです。

 

スマホは大量の情報を画面に映します。それを処理するために脳が使われるのです。

つまり、心は休憩しながら、頭はバリバリ働いている状態ってわけです。

休憩で休ませるべきなのはどこですか? 頭ですよね。

 

というわけで、休憩時間にスマホを見るのは止めましょう。

本当に頑張りたいなら、1日の勉強が終わるまでスマホを封印するのがベストです。

 

タイマーを設定する

タイマーを使って、休憩時間を決めてしまいます。

タイマーが鳴ったら勉強を始める癖がつけば、休憩を決まった時間で終えることができます。

 

スマホのタイマーを使ってもいいですが、それだと不要なアプリを開いてしまう可能性がありますね。

おすすめは100均でキッチンタイマーを買ってくることです。

 

ポモドーロ勉強法なら、休憩時間を徹底管理できる。

みなさん、ポモドーロ勉強法というものをご存じですか?

これは勉強時間と休憩時間を短い間隔で繰り替えす勉強法で、集中力が続きやすく生産性が上がるといわれています。

この方法で勉強すれば、休憩時間はもちろん勉強時間も管理できるので、かなりおすすめです。

 

ポモドーロタイマーアプリを使ってみる

実際にやるときは、アプリを使うのがおすすめですね。

僕が使っていたのは、「Focus」というアプリです。

Focus - 仕事効率化タイマー

Focus – 仕事効率化タイマー

Masterbuilders無料posted withアプリーチ

(Andriod版はないようですが、他にもアプリはあるはずです。)

 

一度スタートを押せば、あとは勝手に時間管理をしてくれます。

これに合わせて勉強と休憩をすればいいので、とても簡単です。

 

おすすめは、YouTubeのポモドーロ勉強動画を流すこと

アプリもいいんですけど、僕のおすすめはYouTubeを利用することです。

なんと、このポモドーロ勉強法で、ほぼ毎日勉強のライブ配信を行っているYouTuberさんがいらっしゃいます!

満点さんという方です。

 

なんとこの方、毎日24時間勉強ライブ動画を配信されています。(うち就寝時間は再放送。)

画面にタイマーが表示され、満点さんや視聴者さんがこのタイマーに合わせて勉強されます。

動画を流しながら、自分もそれに合わせて勉強と休憩をするだけなので、めちゃくちゃ簡単にできます。

 

僕も満点さんの動画を流しながら勉強させていたことがあります。

感想は、かなりおすすめです。

感覚としては学校で勉強している感じです。授業のチャイムに合わせて皆で一緒に勉強するのに似ていて、勉強のオンオフをばっちり切り替えることができます

 

満点さんから許可を頂いたので、動画も貼っておきます。ぜひチェックしてみてください!

 

好きな参考書を眺める

好きなことって気分転換になりますよね。

そこでおすすめなのが、休憩時間に好きな参考書をぱらぱら眺めることです。

 

参考書を読めば、「休憩時間なのに勉強している」という最強の状況を作り上げることができます。

勉強への集中力を切らさずに休憩することができるので、だらけてしまうのを防げるのです。

 

この休憩ができるようになると、教科を変えて無限に気分転換が可能になります。

つまり、ノンストップで勉強することも可能になるってわけです。

 

僕が受験生の時はまさにこの方法で1日10時間以上の勉強をしていました。

まあ、受験生というプレッシャーもあったからだとは思いますが…。

ただ、今でも作業がたくさんあるときには実践している方法です。

 

工夫して、勉強に戻れる休憩をとりましょう!

以上、すぐ勉強に戻れる休憩のやり方を紹介しました。

がっつり休憩をしてしまうほど、勉強に戻るのがしんどくなります。人間そういうものなのでしょうがないです。

なので、スマホやタイマー、ポモドーロ勉強法など様々な工夫をして、勉強と休憩の切り替えをはっきりできるようになりましょう!

 

ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。
RECOMMEND