back number

【back number】恋愛ソング以外のおすすめ曲5選!

【back number】恋愛ソング以外のおすすめ曲5選!
恋愛ソング以外もぜひ聴いてみてほしい。

 

どうも、はるかさです。

みなさん、back numberというバンドはご存じですか?

back numberってどうしても恋愛ソングが多いので、
恋愛以外の曲は歌ってないと思われがちです。

でも!彼らの良さは恋愛ソング以外にこそあふれています!

 

ということで今回は、
back numberの恋愛ソング以外のおすすめ曲を厳選して5曲紹介します!

ファンクラブに加入している大大大ファンの僕が紹介します。

 

こんな方に読んでほしい!
  • 恋愛ソング以外のback numberを知りたい人
  • 元気が出る曲が好きな人
  • 人間を歌った皮肉たっぷりの曲が好きな人

 

泡と羊

なんでアラームが鳴らないんだ
止めた覚えも聴いた覚えも
いや考えてる暇はない
また朝飯抜きだよなぁ もう

作詞:清水依与吏

寝坊しちゃったシーンから始まるこの曲。

みなさんも経験ありませんか??

 

もっといい毎日にしたい主人公

毎日色々あって忙しい。

自分なりに色々必死にやってるんだけど、
それでも自分が納得いくような毎日ってわけではなくて。

それでも、ダメな自分も「まあそれでこそ自分だよな」って認めて愛して、
そうやって毎日生きていけばいいじゃん!

って感じのかなり前向きな曲です。

 

元気をもらえる1曲

実際に聴いてみてほしいのですが、めっちゃ元気をもらえる1曲です。

とっても明るい曲調で、ギターもガンガンにならしています。

 

朝に聴くと、今日も1日頑張るぞ!と元気が出ます。

テンションを上げたいときにはおすすめです。

 

頑張るスイッチを入れてくれて、僕は大好き!

 

SISTER

負けないで
君が瞬きで隠した痛みをその想いを
ああ 僕は知っているから

作詞:清水依与吏

この曲はback numberなりの応援歌です。

SISTERがリリースされた際のインタビューにも書かれていましたが、
先程の「泡と羊」が男性に向けた応援歌だとすると、この「SISTER」は女性に向けた応援歌です。(インタビュー記事はこちらからチェックです。)

頑張る女性にぜひ聴いてほしい1曲です。

 

強く頑張る主人公を応援する1曲

厳しい環境の中でいろんな苦難を受けながらも、
そんなこと必死に気にしないふりして、気づかないふりして。

弱いところは隠して、いつも強い自分で頑張ろうとする主人公。

辛いことがあると自分が腐ってしまいそうで、自分を失ってしまいそうで。

でもそんな自分に「大丈夫」って言い聞かせて、何度も何度も踏ん張って。

そうやって頑張ってる人を応援してくれるのがこの曲です。

 

「頑張れ」とは応援しない。

この曲は応援ソングですが、「頑張れ」というフレーズが一切出てきません。

これには作詞した依与吏さんの考えが大きく表れていると思います。

きっと、頑張っている人に頑張れって言うのが嫌いなんでしょうね。

先程紹介したインタビューにもありましたが、
応援歌を聴いて「よし頑張るぞ!」とあまり思わない依与吏さんだからこそ書ける歌詞ですよね。

 

一緒に寄り添ってくれる人が一番の味方

頑張れとは言わない応援からは素直に力をもらえるなと僕は思います。

本当に辛いときとか、なかなか上手くいかなくて悩んでいるときに、
「頑張れ!」って言われてもあんまり響かないんですよね。

「もう頑張っとるわ!何も知らんくせに口だけいっちょ前に言いやがって!」

って思っちゃいます。(疲れている時って余裕がないから口が悪くなりがちです。笑)

 

そうじゃなくて、

「あなたの頑張りは知ってるよ。きっと上手くいく。だから負けないで。」

そういう応援ほど元気がでます。一緒に寄り添ってくれている感じがして。

 

そういう立場に立って一緒に悩める、
そんな応援ができる人になりたいなとこの曲を聴いて思ったりします。

 

YouTubeにショートPVが投稿されているので、
まだ見たことない方はぜひチェックしてみてください!

 

手紙

あなたはずっと手を振って笑ってくれた
帰り道迷わないように

作詞:清水依与吏

この曲は、自分を育ててくれた人への感謝を歌った曲です。

 

感謝から決意へ。回想する主人公。

自分を育ててくれた人との思い出を回想する主人公。

自分がどんなに辛い状況でも、自分のことを応援してくれる人。

自分が帰るべき場所でずっと待ってくれている人。

 

いつもは生きるのに必死で、時々自分を失ってしまったりして。

それでもいつかは自分で自分を誇らしく思えるように頑張ろう。

そして誇らしく思ってもらおう。

 

そんな主人公が感謝から決意を新たにするシーンを優しい曲調で歌っています。

 

家族に会いたくなる。そして頑張りたくなる。

この曲を聴くと、純粋に両親への感謝を伝えたくなります。

「今の自分で自信を持って家族と顔を合わせられるかな?」

「誇らしく思ってもらえるような自分になれているかな?」

そうやって自分を見つめ直して、再び頑張るきっかけを与えてくれる曲です。

 

エキシビジョンデスマッチ

ジャンのケンのポンのグーでぶん殴ってよ
パーでも勝てない丸め込めないグーもあんだよ

作詞:清水依与吏

面白い歌詞ですよね。

この曲ではサビの部分でじゃんけんを用いた歌詞が出てきます。

 

常識や当たり前にとらわれることを嫌う主人公

ぜひ曲を聴いて確認してほしいのですが、
いずれもじゃんけんのルールに反した勝ち方で勝負を決めています。

これ、僕が思うに、常識にとらわれない自分の肯定を表現しているのかなと思います。

 

なんか分かった風に自分を批判してくるやつ。

効率とかリーダーシップとか頭良い風なことばかり押しつけてくるやつ。

世間的に良いとされているものや当たり前とされている考え方を盲信し、

その考えに則らない人を変人扱いして批判してくる人。

 

そんな人に対して主人公は徹底抗戦。

「そんなもんにとらわれない。せいぜい勝手にやってくれ。」

「俺の生き方は俺が決めるから。」

 

そんな姿勢がアップテンポな曲調で歌われています。

 

かっこよく憧れるが、現実は難しい。

この主人公のことを、僕はかっこいいなと思います。

僕は常識自体を否定するつもりなんてありませんが、
自分を失ってまで常識に埋もれることは好ましくないと思います。

でも実際、常識を批判するとか自分を出すとかってなかなか難しいことです。

それでも僕は自分の憧れとして、この曲が大好きです。

 

ロンリネス

同じ材料でお馴染みの作業で
作れるんなら 全部同じにしといてよ

作詞:清水依与吏

人の揚げ足をとるのが好きなちょっと性格の悪い記者が、
人間を作った神様にインタビューするシーンを歌った曲です。

 

人間の不平等を歌った曲

この曲のテーマは、人間の不平等性。

記者は神様に色々と質問します。

「人間を作るときに心がけてることあります?そんなのないっすよねぇ??」

「これまで最高傑作ってどいつのことですかー??」

「こいつ作んなきゃよかったなぁーってやつ絶対いますよねぇ??」

とにかくあおりまくります笑

 

散々質問した挙げ句に記者がぼそっとこぼした愚痴。

これが最初に引用した歌詞です。

 

皮肉たっぷり、大好きな世界観。

この曲、僕大好きなんです。

なにより神様にインタビューするというあり得ない世界観が面白いですよね。

場面自体はあり得ない話なんだけど、
ぶつける質問や記者の愚痴はとってもリアルです。

皮肉たっぷりの質問にダークな曲調が合わさって、
もう言葉にはできない「好き」がいっぱい詰まってます。

 

結局は人間、自分が一番かわいい。

「人間は皆仲良く、平和にすればいい。」という理想論があります。

けどそれは余裕があって優しい人が言えることです。

貧しい人や劣っている人は、優れた人にいずれか羨望なり恨みなりもっています。

 

人間結局かわいいのは自分です。

自分が苦しい状況で人に構っている余裕なんて無い。

 

そんな人間のどろどろした部分を歌った、最高の1曲だと思います。

 

先日行われたライブツアー「NO MAGIC TOUR」でもこの曲は演奏されました。
世界観を見事に表現した演出で、まさに至高の時間でしたね。

 

back numberは恋愛ソングだけじゃない!

以上、back numberの恋愛ソング以外のおすすめ厳選5曲を紹介しました!

今回紹介した曲以外にも、恋愛以外のシーンを歌った曲は結構あります。

どれもback numberの人間らしさが詰まった名曲ばかりなので、
ぜひ一度聞いてみてください!

恋愛ソングがあまり好きではないという人にこそ聴いてみてほしいと思います!

 

今回紹介した曲が収録されているCD一覧

「曲タイトル」ー収録シングル・アルバム

  • 「泡と羊」- SISTER、シャンデリア
  • 「SISTER」- SISTER、シャンデリア、アンコール
  • 「手紙」- 手紙、シャンデリア、アンコール
  • 「エキシビジョンデスマッチ」- HAPPY BIRTHDAY、MAGIC
  • 「ロンリネス」- 大不正解、MAGIC

 

↓back numberおすすめ曲まとめ

back number おすすめ曲まとめ【前編】
【厳選】ファンクラブ会員が選ぶ、back number おすすめ曲まとめ(前編) みなさん、back number というアーティストをご存じですか? 最近はドラマや映画の主題歌にもタイアップされ、名前なら知っ...

 

ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。