勉強法

やる気を出すためには環境を変えるべし!

やる気を出すためには環境を変えるべし!

やる気がでないとき、あなたはどうしていますか?

やる気が出るまで待つ?
それとも気合いでやる気を出す?

実はやる気は、
環境を変えることで作り出せるのです!

今回は、環境を変えてやる気を出す方法を紹介します。

  • やる気を出したい
  • すぐに行動できるようになりたい
  • なかなか動けない自分を変えたい

当てはまる方は、以下参考にしてみてください!

勉強場所を変える

まずは自分がいる場所を変えましょう。

自分の部屋で勉強しようとしてもなかなかできないことってありませんか?

それもそのはずです。
家はダラダラするところ・家は勉強しないところ
と無意識に思っているから。

だったら場所を変えましょう。

 

おすすめは図書館です。
僕も基本的に勉強は図書館でやっています。

図書館=勉強する場所

このイメージが頭の中にあるのです。
実際に図書館に行けば自然とやる気が出てきます。

図書館に行くまでの時間・体力が無駄だ!
とか思ってしまうかもしれませんが、
家でだらだらを続けている方が時間の無駄です。

極端な話、
家では勉強しない・図書館で勉強を終わらせる
とメリハリをつけるくらいの方が良いと思います。

その方が、図書館での作業スピードも爆上がりします。

まずは勉強する場所に行くこと!

人がいるところに行く

周りに人がいることって、やる気につながります。

やる気を出したいなら、人がいる場所に行ってみましょう。

 

受験を経験したことのある方なら分かると思いますが、
一人で勉強し続けるのってめっちゃしんどいです。

僕が高校生の時、同じ大学を目指していた友人がいました。
彼と同じ教室で勉強したり成績を勝負し合ったり、
互いに切磋琢磨して受験を乗り切ることができました。
彼の存在なく勉強し続けることは不可能だったと思います。

 

経験上、自分と同じ境遇の人がいる場所に行くのが一番だと思います。

勉強なら図書館や自習室。
作業するならカフェなどが良いですね。

周りに勉強している人がいると、
「自分も頑張ろう!」
とやる気が出てきます。

 

もちろん同じ境遇の人でなくても効果はあります。
親がいるリビングで勉強するのもいいですよね。

人に見られていることは、やる気につながります。

 

僕は格好付けというか、勉強できるキャラで生きてきました。
そんな僕は人前で特に集中することができました。(かっこよく見せたいから)

周りを気にしてしまう性格の方は、
人がいる環境での勉強が特におすすめです!

遊んでいる人ばかりの場所は逆効果なので注意!

とりあえずやってみる!

「やる気が出ないから行動しない」という方がいますが、
これでは一生行動することができないと思ってください。

なぜなら、
やる気は出すものではなく出てくるものだからです。

やる気がない時こそとりあえずやってみること!

 

ほんとにちょっとだけでいいです。

勉強なら

  • 問題を1問解いてみる
  • 教科書を開いてみる
  • 机に座ってみる
  • 机を片付けてみる

とか。

何でもいいので、
自分ができる最低限の行動をとってみましょう。

 

これは「ベビーステップ」と呼ばれており、
心理学的にも効果が実証されているそうです。

行動を起こすまでが一番しんどいと思ってください。

一度やってみたら、後は意外と続けられるものです。

0から1にするのが一番大変。1から100には案外簡単にできます!

不要なものを排除

勉強に不要なものが視界に入っていると、
自然とそちらに意識が向いてしまいます。
これがやる気が失われる原因。

不要なものは視界から徹底的に排除しましょう。

 

特にスマホ。

やる気が出ないときは、
まずスマホをしまってみましょう。

机の引き出しに入れて、勉強が終わるまでは出さない。

しまってしまえば、YouTubeやゲームの誘惑から逃れられ、
自然と机に向かえます。

 

加えて、机の上を掃除してみるのも良いと思います。

散らかっている資料を片付け、
使うテキストだけを置くようにしましょう。

すっきりした気持ちで勉強しましょう!

好きなアイテムをそろえる

人のやる気は、実はアイテムからも生まれます。

例えば、新しい手帳を買った瞬間を想像してください。
とってもわくわくしてませんか?
すぐ手帳に書き込みたくなってませんか?

これってやる気が出ている状態です。

こんな風に、ものからやる気は作れます!

自分の好きなアイテムを使いまくりましょう。

ペン、消しゴム、ノート、マウス、イスなど…

お金はかかってしまいますが、
やる気をお金で買えると思えばありじゃないですか?

普通やる気はお金で買えませんからね…

宣言してプレッシャーをつくる

人は危機感があると行動できます。

なら、危機感を自分で作っていきましょう。

 

その手段の一つが、行動を宣言すること。

周りに言える人がいるなら積極的に宣言してみましょう。

「今から問題集○ページやります!」

とか。できるだけ内容は具体的に。

 

いや、ぼっちだよ!という方へ。

安心してください、僕もです。

そんな人は、SNSを活用しましょう。

  • 家族や知人にLINEで宣言する
  • ツイッターで友達に宣言する

気軽に人とつながれるのがSNSの強み。

使えるもんはガンガン使っていきましょう。

 

宣言したからには簡単にサボれないです。

有言不実行はあまり見ていて気持ちの良いものではないでしょう。

逆に有言実行はかっこいいです。
繰り返していくことで仕事ができる人になれます。

やる気は出すものじゃない。環境で作り出せ!

やる気を出すための、環境の変え方を紹介しました。

やる気は気合いではどうにもならないと思ってください。

とにかく環境を変えること。
やる気はそれから出てきます。

1つからで良いので、行動に移してみてくださいね!

ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。
RECOMMEND