京都

【京都】河原町の大きい本屋さん、丸善(MARUZEN)が超おすすめなので紹介!

【京都】河原町の大きい本屋さん、丸善(MARUZEN)が超おすすめなので紹介!

京都の河原町にとっても大きくてキレイな本屋さんがあるのを知っていますか?

 

今回は京都でおすすめの本屋「丸善(MARUZEN)」を紹介します!

この記事を読めば、丸善の魅力、アクセスの仕方、店舗情報が分かって頂けるはずです!

僕の大好きな本屋さんです。

まずは丸善の魅力を紹介!

さっそく丸善の魅力から紹介していきます。

  • フロアがめちゃくちゃ広い
  • 店内がめっちゃキレイ
  • 品揃えが超充実している
  • カフェも併設されている
それぞれ紹介していきますね。

 

1. フロアがめちゃくちゃ広い

まずはなんといってもその大きさです。

フロアは2階。総面積は約1000坪もあります。

数字上はそこまでといった感じですが、入ってみるとめちゃくちゃ開放感があって驚くことと思います。

それもそのはず。実は天井が結構高いんです。4メートルあるそうですよ。

 

面積が広いので棚と棚の間隔がしっかり空いています。

そのおかげで人がごちゃごちゃしている感じがなく、無駄なストレスがあまり感じられません。

すごく気持ちの良い空間を味わうことができます。

 

2. 店内がめっちゃキレイ

京都丸善の店内はめちゃくちゃキレイです。

それもそのはず、こちらは2015年にオープンした比較的新しい店舗なんですよね。

なんだかおしゃれな図書館に来たみたいな感じです。

 

もちろん本もキレイに整頓されています。

大きな棚にきちんと本が並べられていて、そのジャンル分けも明確です。

ちゃんと本が探しやすい店内になっていますよ。

 

3. 品揃えが充実

売り場面積が広いだけではなく、取り扱っている本の量も圧倒的です。

総冊数は約100万冊、うち洋書が約7万冊だそう。

 

僕は欲しい本があるときよく丸善で買っていますが、これまで僕が欲しいと思った本のほとんどは丸善で購入できました。

品揃えに関しては十分だと思います。

 

専門書の取り扱い量がめちゃくちゃ豊富

大学生の方におすすめしたいのが専門書のエリアです。

普通の本屋さんだと専門書ってあんまり取り扱われていないのですが、丸善はその辺り、かなり豊富です。

僕が専門としている化学に関しては、大学の生協でいつも買っている教科書類や図書館で借りたことのある専門書なども販売されてました。

逆に大学では見かけないようなポップな本もありました。

(例えばこんなんとかですね。↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毒物ずかん キュートであぶない毒キャラの世界へ [ くられ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/12/17時点)

楽天で購入

 

専門書エリアはかなりおすすめなのでぜひ一度足を運んでほしいと思います。

 

赤本や大学入試参考書もかなり充実している

また受験関係の本も豊富に揃っているので、受験生の方にもおすすめです。

ぱっと見ですが主要な大学の赤本はそろっていました。

教科ごとの参考書についても、僕が知っているお店の中では最大級の品揃えだと感じます。

欲しい本があって買う場所に迷ったら、丸善に行けば大抵は揃うと思いますよ。

種類がありすぎて逆に困っちゃうかも…!

 

洋書もめちゃくちゃ並んでいる。

さらに驚くべきは洋書の取り扱い量の多さです。

地下2階フロアの約1/3程度が洋書エリアになっています。

普通の本屋さんでは洋書ってそんなに取り扱われていません。

洋書が読みたい人にはかなりおすすめです。

 

4. カフェも併設されている

丸善には本だけでなくカフェも存在します。

地下2階、エスカレーターを降りた正面に見えてくるのが「MARUZEN cafe」です。

 

人気メニューは丸善創業者・早矢仕有的(ゆうてき)が生み出したと言われる「早矢仕ライス」。

また梶井基次郎の小説「檸檬」の舞台となった京都ならではのメニュー「檸檬」もおすすめです。

檸檬画像マルゼンカフェ限定スイーツ「檸檬」

出典:「【8月21日】丸善 京都本店 グランドオープン」|honto https://honto.jp/store/news/detail_041000007625.html

カフェを目的に丸善に足を運ぶのもアリだと思いますよ。

 

丸善へのアクセスは?

丸善京都本店は「京都BAL」という建物の地下1,2階にあります。

京都BAL アクセス京都BAL アクセス

出典:「ACCESS」|京都BAL(バル)https://www.bal-bldg.com/kyoto/access/

 

阪急「京都河原町駅」3番出口から河原町通りを北に7分ほど歩くと見えてきます。

京都BALはとても本屋さんには見えないめちゃくちゃおしゃれな外観なので、見逃さないように注意してくださいね。

 

向かい側にはラウンドワンがあるので、それを参考にしてもらえばOKです。

BAL専用の駐車場はないので注意してください。

 

丸善の詳しい店舗情報を紹介!

丸善の店舗情報をまとめておきます。

丸善 京都本店

住所   :〒604-8032 京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 地下1階~地下2階
営業時間 :11:00~21:00
定休日  :12月31日18時閉店, 1月1日休業, 1月2日10時30分開店
電話番号 :075-253-1599
フロア情報:<B1F>文芸・実用・文庫・新書・コミック・学習参考書・児童書・雑誌・文具 <B2F>理工・医学・人文・芸術・社会・PC・語学・洋書・カフェ
HP     :https://www.bal-bldg.com/kyoto/maruzen.html
http://www.maruzenjunkudo.co.jp/maruzen/top.html
SNS   :・Twitter(店舗代表) @maruzenkyoto ・Twitter(コミック売場) @m_kyoto_comic ・LINE@ 「丸善 京都本店」で検索、またはこちら

マルゼンカフェ 京都店(MARUZEN cafe)

住所  :〒604-8032 京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL B2F
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日 :不定休(京都BALに準ずる)
電話番号:075-708-3408
席数  :50席

 

京都河原町で本屋に行くならぜひ丸善へ!

以上、京都河原町にある大きな本屋さん「丸善(MARUZEN)」を紹介しました。

広く開放感のある店内でゆったり本との出会いを楽しむもよし、目当ての本を探しに来るもよし、買った本を早速カフェで読みながら時間を過ごすのもよし。

色々な楽しみ方ができる、素敵なお店だと思います。

京都河原町に来た際は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

ABOUT ME
はるかさ
はるかさ
京大生なのに怠惰な人間。 そんな自分を変えるため、「怠惰な学生生活を変えるライフスタイル」を実践するとともにその情報や様子をブログ・SNSにて発信中。 だらける学生の味方。 21歳。大学入学後2年を怠惰に過ごし成績ダウン。後に時間術を学び、実践。2019年5月からブログ・SNSでの情報発信を開始。 back number・化学・旅行・YouTubeが好き。